商いに対してのヤキモキ?

 役目の鬱積というか、求人に対しての鬱積がイマイチ番だ。
 無職して、必死に就活してみても中は求めない、男女転職均等法というものがありながら、募集しているのは妻ではなく、ダディーだ・・・という。求人票にこそ書きはせずも、よーく見てみると、身寄りケア、妻○有円、子ども△△円・・・と。明らかにダディーを募集しています。
 階層不問とあってとびついてみれば、短大卒・・・。
 俺は、高卒で30年代でお産、産休などありえない店で、臨月ぎりぎりまで働いて退職しました。
 赤ん坊も5歳になる層、働く時間ができたから、よし、復帰です!と頑張ってみれば、保育園から赤ん坊の概況が酷いからお呼びに来て下さい、インフルエンザの為、少し休ませてください・・・愛車のオペができない姑の医院送り迎え、勿論概況壊せばかけつけて・・・。
 そんなこんなで気づけば、40過ぎて・・・。なんとかフルタイムで頑張れるといった思えば、39年代まで・・・。役目に関する鬱積というか、仕事したくてもできない鬱積・・・の方が凄いだ。妻ばかりがなんでそういった仕打ちを受けるのか、ほんとに納得いかないだ。30料金って40料金役目のキャパシティになんの違いがあるのでしょうか。
 短大という言ったって ぴんきりで、「目指す時ないし、やむを得ず父母が行けというから〜」みたいな短大卒の第三者も世の中には数多く要る筈。頑張る人が損をして、秘策のいい第三者ばかりが得をする、そういう世界中って不平等です。アットベリーをお得に買うならコチラ|ワキの黒ずみや全身にアットベリー